つなぎ売り費用計算ツールの答え合わせをしてみた

当ブログのつなぎ売り費用計算ツールですが本当に合ってるの?

という疑問をお持ちの方々のために私が実際につなぎ売りをしたときの取引履歴を確認してみようと思います。

 

SBI証券の取引履歴はココを見ろ!

費用を計算

2018年8月につなぎ売りをしたコメダホールディングスの費用を計算した結果です。

株価2134円で100株、8月17日に約定、8月末が権利確定日で計算した結果、つなぎ売りにかかった費用は700円となりました。

 

取引履歴を確認

口座管理→取引履歴から期間指定で8月の取引履歴を見てみます。

青で囲んだ部分が買いの手数料、赤で囲んだ部分が売りの手数料です。

 

現物を買う(270円)より制度信用買いから現引き(210円)した方が安くなりますのでそうしています。

現引きしたときに費用は確定するので〇で囲んだ部分は無視、□で囲んだ部分が現物株式を取得した時の手数料となります。

 

 

売りも同様に信用売り手数料は194円ですが、現渡したときに貸株料が確定するので〇で囲んだ部分は無視、□で囲んだ部分が信用売(15日)の手数料となります。

 

取引の現引現渡の右の数字を全部足した値がつなぎ売りにかかった費用。

NISA

1000円分のKOMECAを700円かけて取得するの?

普段なら取得しませんがこのときは事情が違いました。

下記キャンペーンにより8月の国内株式手数料がキャッシュバックされることになっておりました。

そのため先ほど計算で出た700円から信用買い手数料194円と信用売り手数料194円がキャッシュバックされて実質312円で1000円分のKOMECAが入手できたことになります。

 

楽天証券の取引履歴はココを見ろ!

2019年9月に楽天証券でつなぎ売りしたカッパ・クリエイト、学研HD、サンリオにかかった費用です。

楽天証券に関しては説明するまでもありませんね。

計算結果と取引履歴の数字が一致していることがわかると思います。

取引履歴を確認


カブドットコム証券の取引履歴はココを見ろ!

2018年6月13日につなぎ売りしたメディアスHDです。

取引履歴の品受、品渡の詳細をクリックします。

品受は6月の取引履歴、品渡は7月の取引履歴にあります。

取引履歴を確認

 

計算結果を確認

買いを青、売りを赤で囲んでいます。

 

GMOクリック証券の取引履歴はココを見ろ!

GMOクリック証券でつなぎ売りしたことありませんでした。

たかもん
たかもん

資金を4口座に分けるほどありませんよ・・・。

現物キャンペーンバナー