児童手当の使い道!預金だけじゃもったいない複利効果で雪だるま式に増やす

児童手当を使わずに貯めている人は少なくないと思います。

我が家も昨年までは、振り込まれたら子供名義の口座にそのまま入金していました。

年末に記帳した子供の通帳についていた金利、約数円。

「バカにするなよ!」と思った次第であります。

複利効果を利用する

複利効果とは利息が利息を生んでいく仕組みです。

運用期間が長ければ長いほど利回りによって雪だるま式に資産が増えていきます。

ゆうちょ銀行の複利効果

ゆうちょ銀行の通常貯蓄貯金の金利0.001%。

3歳以降の児童手当は1万円ですが5千円を手出しで出してあげて、毎月1万5千円を15年間積み立てた場合、15年後にいくらになっているでしょうか?

楽天証券の積立かんたんシミュレーションを利用して計算してみました。

15年間1万5千円を積み立てて201円増えました。

バカにするにもほどがありますね。

楽天銀行の複利効果

楽天銀行のマネーブリッジを利用した場合の通常預金金利0.1%の場合も見てみます。

約2万円増えましたが、15年で2万と考えると少ないですね。

 

株主優待で運用

そこで私は名義が増えれば増えるほど有利になる株主優待を利用して、配当と株主優待を15年間貰い続け、貰った配当は再投資に回し、株主優待で生活を豊かにしたいと考えています。

配当、優待の利回りを控えめの3%としてシミュレーションしてみました。

どうでしょうか。15年間で約70万円増えました。

このシミュレーションは税金を考慮していませんので、正確な数字ではありませんが複利効果のすごさは伝わったかなと思います。

 

 

節約
スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-columns-num="1">
スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4">
たかもんをフォローする
子育てしながら株主優待で億り人

コメント